空き家対策事業 | e-MOMENT

Vacant House空き家対策事業

近年、誰も住んでいない状態で放置されている、いわゆる「空き家」の増加が社会問題になっています。
ご実家などを相続したものの、そこに住む予定もなく管理もできないまま放置していて「草木が伸び隣地に越境して困っている」「老朽化した建物が気になっているが具体的にどうして良いのかわからないでいる」などという話をよく耳にします。
特に遠方にお住まいの方は容易には帰省できず気がかりで心配だと思います。

空き家は固定資産税の負担や管理するのに費用がかかる以外にも所有しているだけでさまざまなリスクを負うことにもなります。例えば空き巣やゴミの不法投棄、放火などといった犯罪を引き起こす原因にもつながったり、破損、倒壊などで第三者に危害が及び賠償問題に発展することも考えられます。
そのうえ近年、空き家対策特別措置法が施行され「特定空き家」に指定されると固定資産税の軽減が適用されなくなったりもします。

こうしたトラブルやリスクを回避するためにも早めの空き家対策を講じられることをお勧めします。

空き家の管理や活用方法で困っていませんか?
e-MOMENTではこうした空き家や空き土地を所有されている方への
維持管理、資産活用、売却などの相談を承っておりますのでお気軽にご相談ください。