家づくりの予算① | e-MOMENT

Staff Blog 家づくりの予算①

 

前回は中古物件購入+リノベーションという選択肢についてお伝えしました。

 

▼前回の記事 中古物件購入+リノベーション ーリノベーション②ー

 
 

今回は、

「家づくりの予算」についてです。

家づくりの「キモ」となる、予算の考え方についてお伝えしていきます。

家づくりで大切なのは、

 
「家」を買うことよりも、「家」を買った後の家族の「暮らし」を考えること。

 

これは、新築でも、リノベーションにおいても同じです。

住宅ローンの「借りられる額」で家づくりをスタートしては絶対にダメです。

    新築の場合…    

これもしたい!あれもしたい!という願望ばかりを優先させて

無理な予算を組んでしまって、その後の生活が苦しかったり、

家族旅行にも行けなくなるなど、ゆとりのない暮らしになってしまってはいけません。

   

そこで、まず初めに考えたいのが資金計画です。

自分たちが「いくらなら家にお金をかけられるか」をまず決めて、

その金額でどれだけのことができるのか、また、どれだけのことがしたいのかを話し合い、

土地や、工務店を決めるのが、賢い家づくりのステップです。

       

「どれくらい借りられるのか?」ではなく

「無理なく返済できる額はいくらか?」を知ることから。

 
 

そのためには、「ライフプランシミュレーション」をオススメします。

 
 

「ライフプランシミュレーション」とは

これからの人生において、どのタイミングでどれだけお金が必要なのか、

あなたとご家族のライフプラン(資金計画)を立てること。

そうして、ご家族の将来設計を見据えた上で、家づくりにかける費用(住宅資金)を決めることです。

新しい住まいを考え始めた時が、人生を見つめ直し、将来のビジョンを描くチャンス。

ライフプランがあれば、“住宅資金”と合わせて、教育資金・老後資金についても見通しがつきます。

 

自分たちに最適な住宅資金が分かれば、

どんな家づくりをするのか、または、どんなリノベーションをどのくらいやるか、

ということがはっきりします。

 
 

ライフプランシミレーションにご興味を持たれた方、

e-MOMENTでは、「住まいの資金相談」も承っています。

お気軽にご相談ください。

 

次回は、 「家づくり予算の内訳」についてお伝えします。

家の予算は、購入金額だけではありません。

予算の内訳も知っておきましょう。

 
 
 
 
 
 
STAFFブログはこちら