現場レポート[M様邸 躯体検査] | e-MOMENT

Staff Blog 現場レポート[M様邸 躯体検査]

上棟が終わり、建物の骨組みである「躯体」が出来上がると、「配筋検査」に引き続き、JIOによる「躯体検査」を受けます。


床下の防湿処理、柱の位置や筋交の取り付け状況、金物の種類や位置、屋根の防水施工状況…etc.
図面通りに施工できているかの検査です。

第三者機関であるJIOの検査も受けますが、事前に設計士も自らチェック。

図面と見比べながら、細かくチェックしていきます。

JIOによる「躯体検査」も問題なく合格。

JIOの検査員さんも、たくさんの検査項目を丁寧に一つひとつ確認していきます。

大工工事の進むM様邸。

この後は、外壁下地のシート(透湿・防水・遮熱シート)の上から胴縁を打ち、断熱材の吹付へと進みます。

設計は、e-MOMENT、

施工は、グループ企業であるueno-edpが行っています。








前の記事▼

STAFFブログはこちら